あーすぷらざについて ここから本文

運営について

あーすぷらざ館長よりご挨拶

城島館長  神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)は、①地球市民意識の醸成と多文化共生社会を築くための総合的学習施設、②NPO等をはじめとする県民の国際交流・国際協力活動支援の拠点となる二つの使命を持ち、三つの機能として、①学習センター機能、②情報・相談サービス機能、③サポート・ネットワーク機能を有しています。また、先月発表された「かながわグランドデザイン第2期実施計画書」にも明記されており、神奈川県の多文化共生や国際理解における重要な施設であると認識しています。
  他方、2015年を目標に国連が設定したミレニアム開発目標(MDGs) を踏まえ、ポストMDGsとして2016年に始まる「持続可能な開発目標(SDGs)」の議論が活発化しています。 SDGsはMDGsに比べて、より環境的側面を重視した目標になるようです。
  そんな中、私たちは、あーすぷらざの使命を再度認識し、三つの機能を最大限に生かしながら、人々の身近な生活の話題を取り上げ、さらに課題に取り組みながらも、地球的課題や国際情勢の変化への対応を意識した事業をこれからも展開してまいります。
  地域の皆様、県民の皆様のご協力とご理解のうえに、愛され、そして頼りになる“あーすぷらざ”を目指して努力する所存です。
  どうかよろしくお願いいたします。


神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)
館長 城島 理子 (じょうじま りこ)
(指定管理者 公益社団法人青年海外協力協会)

 

 

 

指定管理者制度と青年海外協力協会

運営について

神奈川県は、“あーすぷらざ”の管理運営について、2006(平成18)年4月から指定管理者制度を導入しました。2011(平成23)年度より2015(平成27)年度までは、公益社団法人青年海外協力協会・株式会社金港美装が、2016(平成28)年度より2020(平成32)年度は、公益社団法人青年海外協力協会が指定管理者として“あーすぷらざ”の運営を行っています。

公益社団法人青年海外協力協会ホームページ
http://www.joca.or.jp/

 

 

 

あーすぷらざスタッフ 青年海外協力隊 経験者紹介

ボランティア経験者一覧

 2017年4月時点

 

world_countries

※あーすぷらざスタッフ(退職者含む)のボランティア派遣先を緑で色づけしています。

 
ページトップへ戻る